学校法人 大谷学園
入試関連Q&A(中学校)
入試関連Q&A(中学校)

よくあるご質問

学習

「英語教育」には、どのような特色がありますか?
回答内容
「英語」の授業は、1年生から3年生まで「週6時間」で最も授業数が多くなっています。また、その中の1時間はネイティブスピー
カーによる「英会話」の授業で、会話力を強化します。学校行事としても、毎年行われる「英語スピーチコンテスト」だけでな
く、1年生では「校内英語集中研修」、2年生ではブリティッシュヒルズにおける「国内語学研修」、そして3年生ではカナダの
バンクーバーでの「カナダ語学研修」というように、「英語を使う」機会にあふれています。
「アクティブラーニング」って何ですか?
回答内容
全教科において、「ペアワーク」や「グループ活動」を授業に取り入れ、自分の考えを説明したり発信したりする機会を増やし
ています。また、ただ活動的なだけでなく、みんなで話し合う前にじっくりと考えたり、話し合った後に一人で振り返ったりす
る時間を大切にしています。「教師主体の覚える授業」から、「生徒主体の考える授業」へ大幅にシフトしています。
テストの回数は多いですか?
回答内容
「学力アップ」のため、試験は多くあります。前期・後期に2回ずつの「定期考査」以外に、年に3回の「実力テスト」があり、
それ以外にも「英語コンテスト」(年3回)、「漢字コンテスト」(年4回)があります。そのような全校で取り組むテスト以外に
も、週1回の「ハヤト数検」など、各教科での小テストがまめに行われます。
「補習」について教えてください。
回答内容
教科ごとに必要に応じて補習を行っています。「英検」などの検定合格のためのサポートはもちろん、「定期試験」の前には「アシスト補習(試験対策講座)」も行います。
テストで悪い点数を取ってから呼び出し補習をするのではなく、テストの前に補習をして本番で「達成感」を持たせ、次のテストへ繋げることが「横浜隼人」の考え方です。

生活

基本的な「一日の流れ」を教えてください。
回答内容
始業時間は一年を通して8時20 分です。10 分間の朝読書で心を落ち着けた後、朝のホームルームを行い、8時40 分から授
業が始まります。平日は6時限授業で、土曜日は4時限授業です。(第1・3・5土曜日が授業日です)放課後の最終下校時刻は、
夏季が5時30 分、冬季が5時になっています。(中学生)
昼食は弁当ですか? 食堂は使えますか?
回答内容
原則、自宅から弁当を持参することになっていますが、食堂に昼食を注文しておくと教室までデリバリーしてくれます。食堂は
放課後や土曜日の午後、自由に利用できます。 また、昼休みには手作りパン屋さんが販売に来てくれ、とても人気があります。
大学への「指定校推薦枠」はありますか?
回答内容
卒業生がとても優秀な大学合格実績を出しているため、横浜市立大学や明治大学など、数多くの大学から指定校推薦枠(約
800名分)をいただいています。ただ、指定校へ推薦入試で進学するよりも、国公立大学や難関私立大学へ一般入試で挑戦す
ることを選ぶ生徒が圧倒的に多数を占めています。
スクールバスは、ありますか?
回答内容
学時間帯のみ、中学生専用のスクールバスを「希望ヶ丘~正門」で運行しています。5~ 10 分おきに出発するためとても便利です。また、「弥生台・緑園都市」方面の「中学生専用巡回バス」もあるため、朝はゆとりをもって通学できます。

 

 

©YOKOHAMA HAYATO Junior & Senior High School All Right Reserved.