学校法人 大谷学園

進学コース

青山学院大学 文学部
関 乃永美さん

 高校時代、私は勉強と部活の両立を目標としていました。部活動では、ボランティア同好会と家庭部を兼部していました。特にボランティア同好会は高校外での活動が多く、その中で人とのつながりの大切さ、助け合うことの大切さなどを学ぶ貴重な体験をすることができました。勉強面では、定期試験や英単語テスト等の全てのテストで9割正解を目指しました。横浜隼人高校では多くのテストが設けられており、ひとつひとつのテストで良い点数を取るべく努力したことは、受験期に大きな力になりました。2 つの部活と勉強を両立させることは大変でしたが、悩んだ時には先生方のサポートのおかげもあり、悔いのない高校生活を送ることができました。

特進コース

早稲田大学 社会科学部
石井 惇也さん

 横浜隼人高校は、学ぶ意欲のある生徒に対して、非常に良質な環境を提供してくれる学校です。数多くのテストがあることは、大変かもしれませんが、力を試す機会が多いということで私にとっては学習意欲の向上につながりました。そして、それらのテストに真剣に取り組むことにより、自然と基礎的な力が身に付いたと思っています。
また、特進コースでは同じ目標を持ったレベルの近い生徒が在籍していたので、常に刺激を受けながら高校生活を送ることができました。特進コースの友人は同時にライバルでもあり、そのような友人と過ごせた日々は私の大きな財産となりました。

特別選抜コース

東京工業大学 大学院
塩田 怜音さん

 国公立大学の受験に必要な5教科7科目を勉強することは、正直とてもつらいものでした。しかし、習熟度別授業や補習・講座を通して学力をつけるとともに、友人と疑問点について話し教え合うことで、学業への興味や意欲を一層高めることができました。特別選抜コースは勉強に限らず部活動や行事にも打ち込める環境で、いつも明るい雰囲気でした。ここで多くのことを経験できたからこそ、第一志望に現役合格できたのだと思います。

長期留学制度を体験して

国際教養大学 2年生
 長いようで短かった1年留学の後、周りからはよく「変わったね」と言われました。それにはもしかしたら、好ましくない変化も含まれていたかもしれません。けれど今の私は、自信をもって「これが私だ」と言える自分であり続けようと思っています。留学を通して得られた実践的な英語力、そして自分でいることの強さと精神的な成長は、私自身を大きく変えた、大切なものです。

短期留学制度を体験して

国際語科 3 年生
渡辺 藍さん

 カナダでの3ヶ月の経験を通して、私は全くの異文化の中で「自分の力で生きた」と実感しました。留学の目的は主として英語の力を伸ばすことですが、これから社会に出る時に必要になる積極性を養えたことや、留学を通じて出来た友達、ホストファミリーとの信頼関係など、その他沢山の大切な物を得ることができました。この経験をさせてもらえたことにとても感謝しています。

 

©YOKOHAMA HAYATO Junior & Senior High School All Right Reserved.