学校法人 大谷学園
教科・進学
教科・進学

教科

*英語・数学の習熟度別授業を展開します

平成28年度の教科担当より

1年〈学習習慣の確立〉  2年〈基礎力の充実〉  3年〈知識の活用・応用〉

国語

私たちは言葉を使って物事を考え、言葉を用いて他者とコミュニケーションします。言葉をしっかり学習して、「思考力」「想像力」「伝達力」などに磨きをかけましょう。
また、言葉には「力」があります。人を勇気づけたり、時に傷つけてしまったり。そして時には、多くの人の考えが言葉となり、
国や社会を変えることもあります。
あらゆる教科の基礎となる「国語」(話す・聞く・読む・書く)の力をつけて、国際社会を舞台にして活躍できるように成長させます。

数学

数学的な見方や考え方は、将来とても役に立ちます。まず問題文を「読解」し、どのやり方(公式)を使うかを考え、答えを導く作業(計算)をします。
時には、複数のやり方を組み合わせることも必要です。思ったような答えが出ずに、やり方を考え直すことも多くあります。
一人ではうまくいかず、仲間と話し合って考えたりします。
「読解力」「基礎力」「活用力」「根気」「協調性」などを、「数学」を通して身につけることで、実社会で問題解決ができるように育てます。

英語

英語は私たちと世界をつなぐ「コミュニケーション・ツール」です。まず、英語に興味を持ち、楽しく学んでいけるように工夫をしています。
週の授業時間が6時間と多く、毎週ネイティブスピーカーによる「英会話」の授業もあります。
「英検」にも力を入れていて、合格に向けての「対策講座」を実施しています。
また、学校行事の「スピーチコンテスト」で、英語表現力をさらに磨きます。学年ごとの国内・海外研修を通して、英語活用の「実践力」を向上させます。

理科

理科の学習を通して、「観察力」や「科学的な思考力」を身につけさせます。身の回りのちょっとしたことに疑問や関心をもつ「知的好奇心」も育てていきます。そのために、さまざまな映像機器を利用したり、実験の機会を増やしたりして、生徒自身が「気づき」を得られるような工夫をしています。
教科書で基礎をしっかりと理解した後に、考えをレポートにまとめ、話し合ったことを発表しながら、理科が大好きな生徒を育みます。

社会

生徒たちが「グローバル社会」の中で、たくましく生きられるような「広い視野」を身につけさせるとともに、「社会への関心」を高められるように努めています。教科書を丸暗記するような学習ではなく、「地理・歴史・公民」を学ぶことを通して、気づいたことや考えたことをお互いに交流することを
大切にします。
また、資料や関連情報を集め、分析し、それをまとめたりプレゼンテーションをしながら、「情報活用力」を伸ばすように工夫しています。

進学

横浜隼人高等学校

内部進学生の合格実績

■平成29年度入試 大学合格実績 平成29年3月23日現在

 

©YOKOHAMA HAYATO Junior & Senior High School All Right Reserved.